TOPに戻る
農業振興基金協会の紹介 知ってる?静岡の農業 農業・農村の多面的機能 フォトライブラリー 助成事業の優良事例紹介
トピックス
事業のあらまし
あらまし
助成事業実施の事務手続
提出書類
定款
役員名簿
会員名簿
事業報告書
事業報告書
貸借対照表
正味財産増減計算書
財務諸表
財産目録
事業計画書
事業計画書
収支予算書
資金調達及び設備投資の見込み
 
平成27年度事業報告
 

平成27年度事業報告書

T 事業実施の状況
基本方針
 今日の農業・農村は、担い手の高齢化や減少に加え、農産物の価格低迷や輸入増大、耕作放棄地の拡大など様々な問題を抱えている。このため、次代を担う経営体の育成、環境に配慮した安全で安心な食料の安定供給、本県農畜産物の消費拡大や国際競争力の強化、優良農地の確保と利用集積など、幅広い課題への対応を迫られている。
こうした状況を踏まえ、本協会は、行政機関及びJAグループとの連携を密にして、活力ある静岡県農業の構築を図るとともに、農業経営の改善や地域農業の振興を目指す農業者等のグループによる活動を支援するため、次の事業に取り組む。

1 国際化の進展に対応した競争力のある経営体の育成と産地の強化及び本県主要農産物
  の消費拡大
2 若者から高齢者に至るまでの幅広い農業・農村の担い手の育成と確保

3 農産物のマーケティング、農業生産技術の研究、新技術・新品種の導入や新商品開発など
  地域農業振興対策の推進

4 地域の特性を活かした農山村地域の活性化
5 県民への農業・農村の理解促進と食農教育の推進

実施内容
 基本方針に基づき、助成事業として指定事業及び一般事業(担い手育成対策事業、地域農業振興対策事業、農村振興対策事業)を実施するとともに、事務局事業(静岡県農林水産業理解促進事業)を実施した。

1 助成事業

 [1] 指定事業 12件  助成額 28,000,000円
   農業関係機関、団体等が、県の農業施策や農業団体の計画実現に向けて全県的に取り組む、以下のような事業に対して助成した。
(1)
静岡農業グローバル人材育成事業 静岡県国際農業交流推進協議会
(1,000,000円)
   農林大学校生を対象に、オランダ,台湾への派遣研修及び米国、マレーシアからの海外研修生との交流を通じ、農業のグローバル化に対応で きる国際感覚に優れた農業人材の育成を図った。
(2)
農業高校夢・未来塾開催事業 静岡県農業高等学校長会
(1,000,000円)
   県内の農業関係高等学校11校の生徒を対象に、農業高校夢・未来塾を開講し、農業プランコンテスト、先進農家の視察研修、大学・企業・行政機関等との産学官交流、地域イベントへの参加等を通じ、農業高校生のマネージメント能力や起業家精神の育成を図った。
(3)
青年組織のリーダー養成・組織強化事業 静岡県農業協同組合青壮年連盟
(500,000円)
   静岡県JA青壮年セミナー及び静岡農業青年人づくり塾を開催し、OBによるパネルディスカッション、事例研究など実践的な研修を通じて、JA青壮年部組織の核となるリーダーの養成を図った。
(4)
農業新人材確保育成事業 (公社)静岡県農業振興公社
(3.000,000円)
   静岡県で就農を希望する者を対象に、全国的な就農相談会への参画や現地見学会を開催し、新規就農者の確保を図るとともに、新規就農研修者に対する情報提供や巡回指導を通じて、新規就農者の育成を図った。
(5)
ふじのくに「食の都」ブランドPR事業 静岡県農林水産業振興会
(2,000,000円)
   東京(秋葉原)に常設のアンテナコーナー「おいしず」において、県産品の展示、テスト販売、イベント等を開催し、「食の都」としての静岡県の認知度を高め、県産品の販路開拓や誘客に貢献した。
(6)
ふじのくに美しく品格のある邑づくり事業 ふじのくに美しく品格のある邑づくり連合
(1,000,000円)
   県内の農村の写真画像などを編集した写真集を作成し、地域住民、行政・農業関係団体等に配布するとともに、電子書籍化し広く配信することにより、県民の農業・農村への理解促進と、農村の景観、特産品、伝統文化など地域資源への関心の向上に繋げた。
(7)
静岡県花き産地強化・販路拡大事業 静岡県花卉園芸組合連合会
(2,000,000円)
 

 「いい夫婦の日」や「フラワーバレンタイン」等の新たな花き需要創出に向けたPR活動、県内花き市場と連携した県産花き展示・商談会の開催等を実施し、県産花きの消費拡大と生産振興を図った。

(8)
JA鳥獣被害対策支援事業 静岡県農業協同組合中央会
(5,000,000円)
   各JAの鳥獣被害対策アドバイザーを中心に、行政、地域・部農会、猟友会等が連携し、地域の実情に即した鳥獣被害対策の検討や研修・講習会の開催、被害防止設備の設置など、地域が一体となった対策を展開し、鳥獣被害の軽減化を図った。
(9)
いちご新品種導入事業 静岡県いちご協議会
(1,500,000円)
    「きらぴ香」生産地への現地巡回等による栽培技術の普及と、県内、京浜市場等をターゲットとした統一的な販売戦略に基づく取組みを展開し、「紅ほっぺ」に 代わる新品種「きらぴ香」のブランド化を推進した。
(10)
静岡県主要作物新管理モデル実証事業 静岡県産地技術課題解決研究会
(5,000,000円)
   県主要作物(水稲、茶、野菜)の実証圃を県内各産地に設け、新規栽培技術、品種等に関する実証研究を行うとともに、成果については発表会等を通じて研究会関係者に情報発信し、新技術の普及促進と指導員の資質向上に貢献した。
(11)
静岡茶の販路拡大事業 静岡県経済農業協同組合連合会
(4,000,000円)
   学校給食用の牛乳に混ぜて飲む茶新商品の開発、国内外での試飲即売会や商談会の開催、日本茶インストラクターや県外JA、大学等と連携した淹れ方教室など、新たな需要を掘り起こすための取り組みを展開し、静岡産仕上げ茶の販路拡大に貢献した。
(12)
全国メロンサミット開催消費拡大事業 全国メロンサミットinふくろい開催実行委員会
(2,000,000円)
 

 昨年6月に袋井市で開催された全国メロンサミットにおいて、消費者を対象とした消費宣伝会を開催し、メロンのスイーツやパン、食べ比べなど、メロンの様々な魅力を情報発信することで、本県温室メロンの新たな需要の創出と生産者意欲の高揚に貢献した。
 なお、平成27年度については、緊急助成事業は実施しなかった。

 [2] 一般事業 71件  助成額 21,697,000円

 

 農業者等のグループや市民団体が実施する、地域に密着した以下のような課題解決のための取組みに対し、一般公募した上で、必要な経費の一部を助成した。
  ア
担い手育成対策事業 (6件  1,975,000円)
   地域農業の担い手の育成・確保を図るため、農業者等の組織及び農業協同組合が実施する以下の事業に対して助成した。
  @
農業者経営能力向上事業 (4件  1,175,000円)
   

 JA大井川による「若手生産者が自らの経営内容や将来ビジョンについてJA職員とマンツーマンで考える研修会」、県青年農業士会中遠支部による「作目間の枠を越えた、地域の生産者と農産物のPR資料作成」など、会員の経営者能力の向上に4団体が取り組んだ。

  A
担い手等広域交流促進事業 (0件       0円)
     本年度は事業の実施がなかった。
  B
生きがい農業応援事業 (1件   400,000円)
   

 JA遠州夢咲が、農家の高齢者や女性を対象とした、栽培技術に関する基礎講座等を開催し、ファーマーズマーケットへの出荷会員数の確保に繋げた。

  C
農業・農村男女共同参画推進事業 (1件   400,000円)
   

 県東部花卉流通センター農業協同組合が、組織内に女性部を立ち上げ、女性目線の商品開発を推進するための研修等を実施し、女性の経営者意識の向上を図った。

地域農業振興対策事業 (48件 16,128,000円)
   地域農業の振興を図るため、農業者等で構成するグループ・団体が実施する以下の事業に対して助成した。
  @
農産物マーケティング推進事業 (16件  5,168,000円)
     JAなんすんによる「高糖度で差別化を目指すきんかんこん太プレミアムブランドの確立」、農事組合法人興国共同製茶組合による「地元の興国城址でストーリー性を付加した茶小売り販売」、北駿農業振興協議会専門部ブランド化推進委員会による「御殿場こしひかりの品質を有利販売に繋げるブランド米の基準作りとネーミング」、JAハイナンによる地元清涼飲料水メーカーと連携した「牧之原産の茶を使用したお茶サイダーの開発」、JAとぴあ浜松PCガーベラによる「ガーベラの新たな利用機会創出のためのガーベラ結婚式の提案」など、各地域の主要農産物の消費拡大等を目指すマーケティングに16団体が取り組んだ。
  A
農業生産研究グループ事業 (12件 3,407,000円)
     伊豆花人による「ハウスカーネーション栽培における炭酸ガス施用による切り花品質の向上」、JA静岡久能葉葱部会による「品質の高位平準化を目指した、クラウドコンピューター利用による優良農家の栽培技術の解析」、JA遠州中央による「機能性に着目した新作物エゴマの導入とエゴマオイルの試作」、西部共計いちじく産地協議会による「高齢者の一人作業を可能にする、いちじくの軽量ポット栽培」など、新作物の導入や栽培・加工技術に関する調査研究に12団体が取り組んだ。
  B
安全・安心な農産物を生産するための基盤づくり事業 (5件  1,594,000円)
     伊豆の国農業協同組合わさび委員会による「苗立枯れ病、根こぶ病等の発生実態の解明による化学合成農薬削減の試み」、JAハイナンによる「設置労力が改善されたチャハマキムシ類に対する新交信撹乱剤の効果検証」、JA遠州中央海老芋部会による「過去に発生した農薬残留の原因究明」など安全で安心な農産物の生産基盤づくりに5団体が取り組んだ。
  C
農作物鳥獣被害対策事業 (4件  1,003,000円)
   

 小山町鳥獣被害防止対策協議会による「小規模な防護柵設置を地域ぐるみで推進する実証研究」、JA遠州中央による「映像で構成する鳥獣害対策DVDマニュアルの作成」など有害鳥獣の被害防止対策に4団体が取り組んだ。

  D
遊休農地、耕作放棄地等利活用推進事業 (4件   432,000円)
   

 JA富士市による「遊休茶園における野菜定植作業省力化に向けた移植機の導入実証」、JA掛川市女性部倉真支部による「落花生栽培による農地の再生と手作り味噌の学校給食への利用推進」など耕作放棄地の再生利活用に繋がる活動に4団体が取り組んだ。

  E
農業生産新技術等導入促進事業 (7件   4,524,000円)
  a
新商品開発販売研究事業 〔2件   715,000円〕
     静岡県東部花卉流通センター農協が、鉢物の集出荷時間の短縮と生産者から市場関係者へのタイムリーな情報発信を可能にするウェブ情報システムの構築を開始した。また、静岡県温室農業協同組合が、温室メロンの機能性成分γ—アミノ酪酸による有利販売を目指し、詳細な成分分析を農林大学校と共同で実施した。
  b
農業新技術開発普及促進事業 〔2件  3,138,000円〕
     JA伊豆の国苺委員会が、イチゴ苗を密閉空間で炭酸ガス処理する新技術は、ハダニの発生抑制に効果的であることを実証した。
 また、JA遠州夢咲いちご委員会が、当該技術は薬剤抵抗性が発達した地域においても効果が期待でき、大規模農家においては、防除労力の削減効果が大きいことを実証した。
  c
優良種苗供給事業 〔3件   671,000円〕
   

 JA富士市が茶代替作物としてのカリフラワー優良品種の選定や、伊豆方面向けのわさび苗の生産に目処を付けた。
 また、JA静岡市が花卉センター育苗施設の空き空間を活用したアスパラガス苗の供給を可能にした。

農村振興対策事業 (17件  3,594,000円)
   農村の振興を図るため、農業者等で構成するグループ・団体が実施する以下の事業に対して助成した。
  @
地域特産づくり推進事業 (7件  1,579,000円)
   

 伊豆南地域有機農業推進協議会による「サトウキビ栽培と黒糖など加工品の開発」、企業組合松崎桑葉ファームによる、「繭の産地であった史実に着目した桑葉粉末を原料とした加工品の開発」、水見色きらく市企業組合による「小学生を巻き込んで行った地域に伝わる伝統食へそ餅の復活」、NPO法人伊久美・楽山舎による「地域を代表する農産物である乾椎茸や梅を用いた加工食品の開発」など地域の特産品づくりに市民団体等7団体が取り組んだ。

  A
グリーン・ツーリズム推進事業 (4件   949,000円)
     静岡県グリーンツーリズム協会伊豆支部による「支部会員間の連携で実施した体験メニュー開発や統一PR」、こんなセトヤすてきです協議会による「瀬戸谷の暮らしと農家の様子を伝える広報誌の作成やエコツアーの実施」など交流人口の増加に繋がる事業に市民団体等4団体が取り組んだ。
  B
食農教育支援事業 (6件  1,066,000円)
   

 JA大井川による「次代の緑茶消費を担う小学生を対象とした子供闘茶会の開催」、種の物語の会による「水稲の苗床づくりから羽釜によるご飯炊きまでの体験学習」、浜松地域特別栽培米研究会による「小中学校生を対象とした米講座の開催やブランド米やらまいかに対する生産者の思いの発信」など様々な食農教育に市民団体等6団体が取り組んだ。

  C
朝市等推進事業 (0件       0円)
   

 本年度は事業の実施がなかった。


2 事務局事業 1件  500,000円
(1)
静岡県農林水産業理解促進事業 (1件   500,000円)
   県民はもちろんのこと、県外や国外からの来訪者等に広く静岡県の農林水産業を紹介するため、パンフレット「静岡県の農林水産業」を7,500部(日本語版6,500部、英語版1,000部)作成し、農業関係機関及び団体、公立図書館、報道機関等に配布した。

U 主な処理事項

 1 会議等
年月日 処理内容
2015.05.12 監事監査
2015.05.14 事業運営委員会
    @平成26年度事業報告及び決算財務諸表について
2015.06.01 理事会
    @第4回定時総会の招集と提出議案について
    A平成26年度事業報告及び決算書類等の承認について
    B役員の補欠選任について
    C事務局長の任免について
2015.06.30 第4回定時総会
    @平成26年事業報告及び決算書類等の承認について
    A役員の補欠選任について
2015.07.15 事業担当者検討会
    @平成27年度一般事業の申請内容の事前審査について
2015.07.22

事業運営委員会小委員会

    @平成27年度一般事業の申請内容の審査について
2015.07.29

事業運営委員会

 

  @平成27年度一般事業の申請内容の審査について

    A緊急助成の対応について
2015.08.10 理事会
    @平成27年度助成事業に係る一般事業の承認について
    A緊急助成の対応について
    B職務執行状況報告
2015.12.16

事業担当者検討会

    @平成28年度協会事業の実施計画(案)の検討について
2016.01.12

事業運営委員会小委員会

    @平成28年度基金協会の運営について
    A基金協会事業に対する要望・意見等への対応について
    B平成28年度収支予算案と事業別予算配分
    C寄付金の受入れ及び運用について
2016.01.27

事業運営委員会

    @平成28年度基金協会の運営について
    A基金協会事業に対する要望・意見等への対応について
    B平成28年度収支予算について
2016.02.12 理事会
    @鈴木康弘理事の辞任について ※1
    A臨時総会の招集と提出議案について
    B資金運用規程の一部変更について
    C利益相反取引に係る契約の締結について
    D職務執行状況報告
2016.03.25

臨時総会

    @平成28年度事業計画、収支予算並びに資金調達及び設備投資の
    見込みについて

※1 ・鈴木康弘理事より辞任届(辞任日:平成27年9月30日)が提出されたので受理した。

 2 主務官庁(静岡県)への報告等
年月日 処理内容
2015.05.01

県出資法人の経営状況報告書の提出(地方自治法、県条例)

2015.06.30

平成25年度事業報告等に係る書類の提出(認定法)

2015.07.23

理事・監事の変更に伴う届出書類の提出(認定法)

2016.03.25 平成28年度事業計画書、収支予算書等の提出(認定法)

 3 登記関係
年月日 処理内容
2015.07.02

補欠選任に伴う役員の変更登記

2015.10.01

辞任に伴う理事の変更登記


 4 税務関係
年月日 処理内容
2015.04.01

静岡市への法人市民税減免申請書の提出

2015.06.05

静岡市への平成25年度決算書の提出

2016.01.18

静岡市への償却資産申告書の提出


 5 一般業務事項
年月日 処理内容
 

平成27年度助成事業説明会

2015.04.14

西部地区 県中遠総合庁舎

2015.04.15

中部地区 県農業会館

2015.04.16

東部地区 沼津農業会館

2015.05.11

平成27年度助成金(指定事業)の支給決定(12件)

 

平成26年度助成事業事前ヒアリング

2015.05.21 西部地区 県浜松総合庁舎
2015.05.22

西部地区 磐田農協会館

2015.05.25

中部地区 県農業会館

2015.05.26

中部地区 県藤枝総合庁舎

2015.05.28

東部地区 沼津農業会館

2015.05.29 東部地区 沼津農業会館
2015.08.11

平成27年度助成金(一般事業)の支給決定(71件)

2015.08.25
〜 2016.03.25

平成27年度助成事業の計画変更承認(12件)

2015.09.08
〜 2016.03.18
平成27年度助成事業の現地確認調査(47件)

V 組織

 1 会員(平成27年度末現在)
NO 会員名 NO 会員名
1 静岡県 13 御殿場農業協同組合
2 静岡県農業協同組合中央会 14 富士市農業協同組合
3 静岡県信用農業協同組合連合会 15 富士宮農業協同組合
4 静岡県経済農業協同組合連合会 16 清水農業協同組合
5 静岡県厚生農業協同組合連合会 17 静岡市農業協同組合
6 全国共済農業協同組合連合会 18 大井川農業協同組合
7 伊豆太陽農業協同組合 19 ハイナン農業協同組合
8 三島函南農業協同組合 20 掛川市農業協同組合
9 函南東部農業協同組合 21 遠州夢咲農業協同組合
10 伊豆の国農業協同組合 22 遠州中央農業協同組合
11 あいら伊豆農業協同組合 23 とぴあ浜松農業協同組合
12 南駿農業協同組合 24 三ヶ日町農業協同組合

 2 役員(平成27年度末現在)
役員名 員数 氏名
理事長 1 田端敬一
業務執行理事 1 渡邊芳文
理事 9

篠原清志  梅藤久人  中村充    鈴木道也  紅林茂
飯田安雄  宮崎剛    中西康人  加藤敦啓

監事 2 石井敏陽  永野宏光
合計 13  

 3 事業運営委員(平成27年度末現在)
役員名 員数 氏名
委員長 1 渡邊芳文
委員 13

細谷勝彦  繁村光良  内藤文俊  岡あつし  塚本忠士
浅倉豊司  黒柳康江  三須敏郎  戸塚央男  増井一仁
鶴見孝善  松井孝之  中野重弘

合計 14  

 4 職員(平成27年度末現在)
役員名 員数 氏名
事務局長 1 小泉豊
次長 1

小林秀和

経理担当(兼任) 1

青柳千里

合計 3  
▲UP