TOPに戻る
農業振興基金協会の紹介 知ってる?静岡の農業 農業・農村の多面的機能 フォトライブラリー 助成事業の優良事例紹介
トピックス
 
・JAなんすん・あぐりスクール事業
・わさびIPM防除体系確立調査研究事業
・生鮮野菜等生産実践技術支援事業
・静岡県主要作物新管理モデル実証事業
・とぴあ浜松食育教室開催事業
・苺株元加温省エネ生産新技術普及促進事業
・施設園芸の省エネルギー技術普及促進事業
・バラの減農薬栽培を目指した資材の検討事業
・三島馬鈴薯ブランド販売戦略事業
・夏場の作業能率改善対策事業
・セルリー総合的防除技術確立事業
・省エネルギー鶏舎実証事業
わさびIPM防除体系確立調査研究事業


2017年01月31日

事業主体の名称 JA伊豆の国わさび委員会
連絡先 所属・氏名 JA伊豆の国修善寺営農センター 日吉新
電話番号 0558-72-4461
年度・助成事業名 平成27年度 安心安全な農産物を生産するための基盤事業
事業費(うち協会助成額) 400,000円(200,000円)
事業概要 わさび栽培において病害虫による被害は年々増加傾向にあり、伊豆市においては根こぶ病、アオムシ、立ち枯れ症等の病害虫が蔓延し、多発地域では収穫皆無となるわさび田もあり深刻な状況にある。一方、現在沢わさびに使用できる農薬は極めて少なく、水質汚濁や水産動物に対する影響の懸念から今後の登録も困難な状況にある。
 そこで、JA伊豆の国わさび委員会では、平成25~27年度にかけて、特に被害が深刻な根こぶ病、苗立ち枯れ症、アオムシの発生実態、発生生態及び発生要因を明らかにするとともに、BT剤等の生物坊城や農薬以外の資材による効果的なIPM防除体系の確立に向けた調査研究を行った。

事業詳細

▲UP