TOPに戻る
農業振興基金協会の紹介 知ってる?静岡の農業 農業・農村の多面的機能 フォトライブラリー 助成事業の優良事例紹介
トピックス
 
・JAなんすん・あぐりスクール事業
・わさびIPM防除体系確立調査研究事業
・生鮮野菜等生産実践技術支援事業
・静岡県主要作物新管理モデル実証事業
・とぴあ浜松食育教室開催事業
・苺株元加温省エネ生産新技術普及促進事業
・施設園芸の省エネルギー技術普及促進事業
・バラの減農薬栽培を目指した資材の検討事業
・三島馬鈴薯ブランド販売戦略事業
・夏場の作業能率改善対策事業
・セルリー総合的防除技術確立事業
・省エネルギー鶏舎実証事業
生鮮野菜等生産実践技術支援事業


2016年11月16日

事業主体の名称 静岡県産地技術課題解決研究会
連絡先 所属・氏名 JA静岡経済連 農業振興課 芹澤拙夫
電話番号 054-8-284-9729
年度・助成事業名 平成23年度 施設トマト推奨防除暦の実証
事業費(うち協会助成額) 500,000円(350,000円)
事業概要  トマトの施設栽培では、タバココナジラミが媒介する黄化葉巻病をはじめ各種ウイルス病、アザミウマ類の加害および薬剤耐性菌や抵抗性害虫の発生、湿度管理の微妙な違いによるうどんこ病、すすかび病、葉かび病の多発等がみられ、これらの防除対策に苦慮している。
 この問題を解決するため、天敵の利用や防除剤の組合せによる病害虫防除、登録農薬の混用による薬害などを検証し、モデル防除暦を作成した。

事業詳細

▲UP