TOPに戻る
農業振興基金協会の紹介 知ってる?静岡の農業 農業・農村の多面的機能 フォトライブラリー 助成事業の優良事例紹介
トピックス
 
・JAなんすん・あぐりスクール事業
・わさびIPM防除体系確立調査研究事業
・生鮮野菜等生産実践技術支援事業
・静岡県主要作物新管理モデル実証事業
・とぴあ浜松食育教室開催事業
・苺株元加温省エネ生産新技術普及促進事業
・施設園芸の省エネルギー技術普及促進事業
・バラの減農薬栽培を目指した資材の検討事業
・三島馬鈴薯ブランド販売戦略事業
・夏場の作業能率改善対策事業
・セルリー総合的防除技術確立事業
・省エネルギー鶏舎実証事業
静岡県主要作物新管理モデル実証事業


2016年11月15日

事業主体の名称 静岡県産地技術課題解決研究会
連絡先 所属・氏名 JA静岡経済連 農業振興課 芹澤拙夫
電話番号 054-284-9729
年度・助成事業名 平成27年度 露地野菜圃場でのIPM導入実証
事業費(うち協会助成額) 501,444円(300,000円)
事業概要  露地栽培では、発生する病害虫の種類と防除適期を把握し、天敵への悪影響がない~少ない防除剤を選抜して、最少の防除回数で防除暦を構成することが生産費抑制と労力軽減の両面から理想とされる。これらの要素を取入れて作成したキャベツ用防除暦の実用性と、アブラナ科野菜根こぶ病対抗植物の導入効果の実証を行った。
 

事業詳細

▲UP